BTOパソコンってどんなもの?

tadamag-001

BTO PCってどんなもの?

BTOパソコンってどんなものかというと、『受注生産制のパソコン』です。店頭で見かけるパソコン(デスクトップPCにしてもノートPCにしても)はCPUやメモリ、HDDの容量はドライブなどが既に決定されている完成型ですから、自分が好きなパーツのパソコンを購入することはできません。

販売しているパソコンの中から自分の理想とする性能・機能に近いものを搭載したパソコンを購入することになります。そのため、『ああ、こんなソフトは要らないのに。きっとこのソフト分、金額が高くなってるんだろうな』と溜め息を吐いてしまうこともあるでしょう。

しかし、BTOパソコンは受注生産型ですから、既製PCとは違ってカスタマイズすることが可能なんです。パソコンというのはケース1つとっても幾通りもの種類があります。スリムなものがいい、などという要望も叶えることができるのが、BTOパソコンなのです。標準モデルよりも高スペックなパソコンを注文することもできますし、HDDの代わりにSSDを組み込むことだってできてしまいます。OSのエディションについても自由に選べるのでオススメです。
[参考]
BTOパソコン研究所 - BTOパソコンとは

既存のパソコンだと、どうしてもグラフィックボードの性能があまり良くないため3Dゲームや動画編集をおこなう際などに画面上の動きが滑らかでないことなどが起こり得ますが、BTOパソコンなら、自分が欲しいグラフィックボードを搭載することができますから、より快適にパソコンを使用することができます。

また、予算に応じて何らかの機能を削ることもできますので、『パソコンには○万円までしか出せない。けど、高スペックなパソコンは欲しい』などという望みを叶えることも可能です。しかし、あまりにも低予算で高スペックなBTOパソコンを注文するとなると、中古パーツなどを利用しなければならなかったりしますので、相場がどれくらいなのかをきちんと調べた上で予算立てすることをオススメします。

さらに、注意してほしいのが全てのパーツから選べるわけではないということは理解しておきましょう。BTOパソコンには、基本型があります。それをカスタマイズしていくことになるので、場合によっては『ケースはこれ』『CPUはこれ』という風に固定してあることもあります。

おすすめ記事

    Menu

    HOME

    TOP